肩こりと聞けばほとんどの方が一度は体験したことがあるのではないでしょうか?

厚生労働省の国民生活基礎調査で、自覚症状の症状別で見た場合、女性の1位、男性の2位が肩こりなんです。

それを聞くと、たくさんの方が肩こりで悩まれているのではないでしょうか?

 

今の日本人は、同じ姿勢、ストレス、運動不足、眼精疲労が大きな原因とされています。

肩こりでお悩みの方は、たくさんあてはまるはずです。

この他にも原因はたくさんあります。

多くの原因は少しの工夫で、緩和されることがありますが、

「めんどくさい」、「仕事だからしかたない」、などで、そのまま何もしない人が、ほとんどではないでしょうか!

 

肩こりはマシになったと思っても、同じ生活を続けていれば、必ずぶり返します。

昭和町カイロに来られた、ひどい肩こりでお悩みのお客様から

「よく腕をぐるぐる回すようにしているのに肩こりが治らないのはどうして?」

と質問されたことがあります。

 

肩こりを改善するには、肩や首や腕を動かす方が良いというのは、多くの人が思っていると思います。

確かに「肩こり」とは、肩や首や腕といった上半身を、じっと同じ姿勢で動かさないことによって、

筋肉の緊張が強くなり固まり、血流が悪くなって、そこに疲労物質が蓄積した状態になるのです。

その、こっている筋肉を動かして、収縮させてあげることで血流が良くなり、症状は楽になるはずなのです。

 

ではなぜその人の肩こりは楽にならなかったのでしょうか?

それは、その動かし方に問題があるのです。

その人は、肩から腕だけをぐるぐると、同じように回していたのです。

それの何が問題なのかというと、

決まった動きばかりしていると同じ筋肉ばかりが動き、使わない筋肉がどんどんかたくなってしまうということが、問題となるのです。

 

肩は本来、二の腕の骨である上腕骨との付け根の肩関節だけで、動かすように出来ていないのです。

腕を挙げようとすれば、自然と背中の肩甲骨とともに、動くように作られています。

 

それは肩関節がうまく動けるように、肩甲骨がその角度を調整してくれている、からなのです!

しかし、肩こりで背中が固まった状態では、肩甲骨がうまく動いてくれません。

 

この状態で動かし続けることで、肩関節ばかりが動くようになり、甲骨はさらに動かなくなるのです。

『腕を回しても肩こりが改善しない』のは、動かしたい筋肉が全く動いてないからなのですね。

 

では、どう動かすのがより良いのでしょうか?

それは肩甲骨を意識して肩を根元から回すことです。

腕だけをぐるぐる振り回すというより、肩自体を前後上下にゆっくり動かすような感覚です。

少しの工夫や少しの努力で、良くなる可能性はあなた次第なのです。

 

ひどい肩こりの場合は、自分でどうすることもできないものもありますので、昭和町カイロが早いですね?

『厄介な肩こり』

その場で、効果を実感して頂けます!

肩こりの解消は、下記昭和町カイロのオフィシャルホームページで、ご確認ください。

http://abenosh.com/